沿革

“次の100年に向けて”

アステナグループは、貢献・誠実・信用という基本信念のもと、
仕入先様とお客様をマッチングさせるビジネスを100年間展開してまいりました。
次の100年、次の世紀に向けて、新たな「貢献・誠実・信用」を築くことで
多様化するステークホルダーに対応し、再成長に向けたギアを入れ直します。

 
  • 誠実一路
    創業期

  • 問屋商社業
    成長期

  • 東京タワー経営
    発展期

  • Most Admired Company
    成熟期

  • 持株会社体制へ

創業期「誠実一路」1914-1949

仕入先様・お客様との信頼関係の構築
『薬を買うならイワキに行こう』

1914年(大正3年) 岩城市太郎商店(本石町四丁目) 薬種問屋として創業
薬局向け卸売を開始、またこの頃から医薬品原料の卸売を開始
1923年(大正12年)

関東大震災により店は全焼

関東大震災により店は全焼
1931年(昭和6年) 木造モルタル3階建店舗新築
合資会社岩城製薬所(後の岩城製薬株式会社)を創設
医薬品および医薬品原料の製造を開始
1933年(昭和8年) 岩城製薬所 蒲田工場設立
1941年(昭和16年)

法人組織として「株式会社岩城商店」に改称

  • この年の世の中のできごと
    第二次世界大戦勃発
1945年(昭和20年)

岩城製薬所 蒲田工場焼失

  • この年の世の中のできごと
    東京大空襲 空襲の激化
1946年(昭和21年) 岩城製薬所 蒲田工場再建
1948年(昭和23年) 岩城製薬所を「岩城製薬株式会社」に改称、
社長に岩城市太郎就任
創業者 岩城市太郎(明治23年~昭和37年)

創業者 岩城市太郎(明治23年~昭和37年)

成長期「問屋商社業」1950-1964

輸入品も含めた品揃えの拡大
『イワキならば何でも揃う』

1950年(昭和25年) 輸入医薬品原料取扱開始
1951年(昭和26年) 化学品取扱開始
1959年(昭和34年) 食品原料取扱開始
1960年(昭和35年) 日米合弁によるジャパンメタル・フィニッシング・
カンパニー(後のメルテックス株式会社)を設立
表面処理薬品の製造を開始
1960年(昭和35年)

五階建てビルの落成

五階建てビルの落成
1962年(昭和37年)

岩城謙太郎 社長就任

1963年(昭和38年) 「イワキ株式会社」へ改称
東京証券取引所 第二部へ上場
化粧品原料取扱開始
1964年(昭和39年)
  • この年の世の中のできごと
    東京オリンピック開催
創業者 岩城市太郎(明治23年~昭和37年)

1951年(昭和26年)
当時の岩城製薬蒲田工場にて

創業者 岩城市太郎(明治23年~昭和37年)

1963年(昭和38年)
創業50周年記念祝賀会(於サンケイホール)

発展期「東京タワー経営」1965-1991

品揃えをベースとした多角化の推進
『ここにもイワキ、そこにもイワキ』

1965年(昭和40年) ボーエン化成株式会社へ資本参加 食品原料の製造を開始

岩城製薬 静岡工場竣工
1971年(昭和46年)

岩城製薬 静岡工場竣工

1981年(昭和56年) 機能性食品取扱開始
1986年(昭和61年) ジャパンメタルフィニッシングを「メルテックス株式会社」 へ改称
1989年(平成元年)

イワキ株式会社 本社ビル竣工

1989年(平成元年) 現在の本社ビル竣工

1989年(平成元年) 現在の本社ビル竣工

成熟期「Most Admired Company」1992-2020

一部上場企業としての規範や社会的責任を果たす体制
『イワキから買っていれば安心』

1994年(平成6年) 会長に岩城謙太郎、社長に岩城修就任
2000年(平成12年)

アプロス株式会社設立
化粧品製造 販売開始

アプロス株式会社設立 化粧品製造 販売開始
2005年(平成17年) 東京証券取引所 第一部指定
2011年(平成23年) メルテックス株式会社 完全子会社化
  • この年の世の中のできごと
    東日本大震災発生
2012年(平成24年)

メルテックスアジアタイランド設立 海外生産を開始

2014年(平成26年)

創業100周年

2017年(平成29年) 会長に岩城修、社長に岩城慶太郎就任
2020年(令和2年) スペラファーマ株式会社を完全子会社化
岩城製薬佐倉工場株式会社を完全子会社化
マルマンH&B株式会社を完全子会社化
創業者 岩城市太郎(明治23年~昭和37年)

2014年(平成26年)
創業100周年感謝の会(於ホテルニューオータニ)

持株会社体制へ移行2021-

2021年(令和3年) 旧イワキ株式会社をアステナホールディングス株式会社と名称変更し、持株会社体制をスタート
傘下に、ファインケミカル事業としてスペラファーマ株式会社、さらにスペラネクサス株式会社を新規設立
医薬事業として岩城製薬株式会社
HBC・食品事業としてイワキ株式会社を新規設立
化学品事業としてメルテックス株式会社
の体制となる。