環境への取り組み

アステナグループ環境活動の取り組み


グループ各社の代表者を集め、グループでの環境活動を推進しております。
主に「環境負荷低減に向けた目標の設定と進捗管理」、「環境関連法令の順守」、「教育・啓蒙」の3本柱で活動を進めております。
数値目標グラフ

 

CO₂排出量削減の取り組み



<スペラファーマの取り組み>

スペラファーマは武田薬品工業株式会社様との協力により、2021年4月より使用する電力を全て100%再生可能エネルギー由来に切り替え、CO₂排出を大幅に削減しております。


<東海メルテックスの取り組み>

東海メルテックスは、2021年10月よりLNGを調達する際、天然ガスの採掘から燃焼に至るまでの過程で発生する温室効果ガスを別の場所の取り組みで吸収・削減したCO₂で相殺すること(カーボン・オフセット)により地球規模では、天然ガスをしようしてもCO₂が発生しないとみなされるLNGに切り替えております。




環境活動への取り組み



アステナホールディングス株式会社は、2021年10月TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース https://www.fsb-tcfd.org/)の提言に賛同し、TCFDコンソーシアム(https://tcfd-consortium.jp/)の会員となりました。
環境・気候変動への対応は、世界的な課題であると同時に、事業活動や国民生活の基盤であり、サステナブルな社会の実現、事業の継続の上でも重要な課題であると認識しております。
当社は、カーボンニュートラルを目指しTCFDコンソーシアムの会員として気候変動関連の情報収集と取り組みを推進し、TCFDが推奨する情報開示を行って参ります。

TCFD_logo
TCFDConsortium_logo